Distance

旧名 カピまゆさんのとてとてブログ

ジャニヲタ目線でHKT48ドキュメンタリー映画を語る

こんばんわ!!


HKT48のドキュメンタリー映画
尾崎支配人が泣いた夜」見てきました!


f:id:Milkyway37:20160213184438j:image
本当によかった!!




盛大にネタバレなので見る予定な人はスルーで!!

予定ない人は是非見てください!きっとアイドルヲタクならみたくなります!!


題名がジャニヲタ目線でHKT48ドキュメンタリー映画を語る
だから誤解あるかもしれないけど、

私は普通にHKT48のファンです。
CDもデビュー曲から持ってます。
コンサートも行ってます。

けど握手券は持ってても握手会に参加したことがありません…(コンサートに行くとやっぱり同世代の女性のファンが少なくて怖いのでまだ握手会に挑戦できないから)


それくらいなちょっとぬるめのファンではあります。



けど大好き!!
元々AKBがブレイクする前
riverまで好きだったんだ(笑)
ちょっとそこから遠ざかって…
HKT48のデビューにともない戻って参りました!!
女子ドルの世界に。



まぁそんな私の情報は置いといて




公開劇場少なすぎる(TT)
もっと色んなところでやってもっともっとHKT48を知って欲しいのに!!


数少ない劇場の中仕事帰りに行けそうな場所があったので行ってきました!!


f:id:Milkyway37:20160213184423j:image
f:id:Milkyway37:20160213184506j:image


約2時間
画面を食い入るように見て、
耳では一言一言逃さないように聞いて
気づいたら涙流して
あっという間の2時間でした。


キラキラしてる表舞台しか普段は見れないけど
あーいう裏の姿まで見てしまうと、
本当に応援しがいがあるしもっともっと知りたいってなるね!!

ジャニーズと48グループって
そもそも
ジャニーズは努力してる姿は見せません
キラキラ何でもできる姿を見せます!って感じ(私の語彙力に限界が…もっと伝えたいことは違うんだけど…察して(笑))

48グループは努力も涙もすべて見せます。
その過程も含めて応援してください!

って感じ。

どちも好きなんだけど私は人間味のあるアイドルもすごく好きだから(NEWSのファンが辞められないのはきっとそこ)ドキュメンタリーとか大好きなのね。


けど
アイドルしてる時間は全て記録として残してるの本当に凄いよね。
だから人間味溢れる映像ももちろん沢山あって、そこまで見せちゃう??なんか可哀想とすら思う事も。

けどそれをすべて把握してファン目線でもアイドル目線でもスタッフ目線でも考えて作り上げてる指原監督本当に天才!!


ただ可哀想ではなくその意味がしっかりわかる作品だった。


それにしても同世代なのに本当に強い。
意識が高い。
私の普段の悩みが薄っぺらくて悩み事にもならないなと反省するばかり。


ゆとり教育ではあんだけ比べてはダメ。
という教育してきて
テストでも順位とか運動会で順位付けなかったりするくらいなのに
センター発表、総選挙の順位発表のシーンには
目を奪われるよ。

総選挙の順位発表はメンバーの関係性や
それまでの話をしると見ごたえがすごくある。
AKBから支えてきたらぶたんこと多田愛佳がランクインしてずっと一緒に頑張ってたさっしーが舞台裏でらぶたんと抱き合って喜んでて

16位まで選抜メンバーだから
17位と16位ではかなりの差があるそんな境目で17位で兒玉遥の名前が呼ばれちゃうの…
凄いことなのに喜びきれない部分
(ここは生で見てたときですらかなり泣けた)
舞台裏で「さしこちゃんと歌いたかったー」
と泣いてさしこちゃんの所にいくはるっぴ。
ここは本当に泣ける


そして神セブンと呼ばれる7位に入れることが確定したさくらたんを皆が喜んで

1位が決まったさしこちゃんに対して
HKT48全員で喜んで。


秋元先生がHKT48は仲がいいことが強みになるグループになるようにって結成した当初言ってるシーンも映るんだけどまさにHKT48の絆を感じる瞬間であり
総選挙の過酷さをしるシーン。



センター発表は
それまでずっとセンターだったはるっぴこと兒玉遥が初のオリジナルソングを貰えたタイミングで入ったばっかりの2期生にセンターの座を奪われるの。


それまで一期生で作り上げたものが
入ったばっかりの子によって変えられてしまう。

冒頭ジャニヲタ目線でと言ったから書くと
ジャニーズにも似たような事はあって
もともとあったグループ。それなりに人気も出ていたのに解体されて新しく入った子がセンターになってデビュー…なんてこと。
もといたファンからすると許せないはなし。

映画では、そのセンターに抜擢された
めるちゃん田島芽瑠がその時のプレッシャーや
思ってた事を語ってくれてるんだ。

誰も受け入れてくれないと自覚して
その状況の中でも自分らしくやらなきゃいけない状況をどう乗り越えるのか考えてて凄いなと感じた。


セカンドシングルでは
はるっぴがセンターに戻るかな?と期待する中
2期生のもう一人朝長美桜田島芽瑠のダブルセンター

突然のセンターに驚くみおちゃんと
自分の実力が足りないから単独センターは外されたんだと反省するめるちゃん。


この2人はいわゆるシンメでライバル


4枚目のシングルで一期生のはるっぴがHKT48のセンターに返り咲くんだけど
その時この2人は
センターを外された立場になって
二人とも色々思うことがあって涙してるんだけど二人とも自分よりきっと相手の方か落ち込んでるからって気を使って喋りかけられないんだ…
けどそのシーンの後に特に言葉はないんだけど二人で寄り添いながら花火を見てるシーンが映るの…それが切なくて…

かたや、やっとセンターを掴んだはるっぴは凄い喜びたいだろうに2人を見てぐっと感情を抑えてるんだ…

それが伝わってまた涙をさそうの…


朝長美桜田島芽瑠のシンメもそうだけど


シンメといえば

なこみくこと

お互い3期生同い年コンビ
正規メンバーへの昇格が異例といっていいほど早かった二人でもあって共通点が沢山ある2人だけど
お互いをやっぱりライバルだと思ってて
さしこちゃんが
なこちゃんに「みくのことどう思う?」って聞いた時涙で言葉が詰まっちゃうシーンがあってここが凄く涙を誘う。
推され方もなこちゃんの方が高いけど
ちょっと大人っぽい神対応なみくちゃんの握手会人気が凄くてなこちゃんにはあまり並んでないって映像が流れてそれに対して「人気がないのに…」と悩むシーン。
大好きなさしこちゃんに自信もってくれないとって後押しされて笑顔にはなるんだけど
アイドルの厳しさが伝わるシーンでもあり
シンメの厳しさをしるシーンでもある。



もう1組ついで出てくるのが
HKT48の顔でもあるふたり


HKT48のセンターで、
一期生の座談会では入った瞬間からセンターは兒玉遥しかいないというオーラがあったと言わせるAKBも兼任してるはるっぴと

AKBではセンターも務める知名度的には
さしこちゃんの次に高いさくらたん

お互いをどう思ってるかってどう思ってたかって質問をさしこちゃんが別々にしてるんだけどこれも考えてると涙がでてくるはるっぴ
とはるっぴの勢いに焦りを感じてるさくらたん

ここの2人の関係性もすごくこの映画の重要なポイントだと思う。




シンメではないけど他に三人この映画を語る上で重要な人物がいて、


ひとりが坂口理子2期生で21歳…卒業も視野に入ってくる年齢で
入ってからイマイチ人気もなく握手会も人が少なく…という状況から
熱心なヲタクが理子ちゃんの魅力を広めていって総選挙では37位にランクイン。選抜メンバーに入るという本当に凄い状況を映画で見せてくれるんだけど
48グループとファンの距離の近さ
ファンの力でアイドルを輝かせることが出来るということを証明してて
秋元康の凄さを知るのが理子ちゃんのシーン。


理子ちゃんが選抜メンバーに選ばれるシーンは
涙なしには見れないし理子ちゃんのフォン同士が泣きながら喜んでるシーンは一般の人なのに涙をすごく誘う。


もう一人が後藤泉
女子ドルが切っても切り離せないのが卒業

そんな卒業と仲間にフォーカスして
青春のように切り取るシーン
ライバルだけど仲間であるそんな関係性に涙なしには見れないそんなシーンになってる。





そしてもう1人
上野遥ちゃん
こちらも2期生。16歳


この子は何にもHKT48をフィルターに通さず見た場合に誰もがはるたんのファンになって
はるたんを応援した気持ちになってはるたんをセンターにした気持ちになると思う。
映画を通してはるたんを応援したくなるそれくらい映画において多分1番重要人物。

はるたんはあんまり知らない私が語るには大変恐縮なんですが、
はるたんは場数ナンバーワン
まさに縁の下の力持ち。
選抜メンバーは選抜でのテレビ出演や雑誌撮影が忙しいから劇場公演にはなかなか出れないからはるたんは1人で6人分のポディションを公演通して覚えてアンダーでやったり
さしこちゃんが1番頼りにしてる後輩と言わせるくらいさしこちゃんに劇場公演の前に振り写をしたりそんないなくてはならない存在なのがはるたん。
映画を通して何回か出るシーンがあるんだけど
はるたんがいつも自分か頑張ってるいわばホームの劇場のステージの上で選抜メンバーが撮影をしてるのを見てるシーンが映るんだ…

それについてさしこちゃんがどう思ってるの?
って聞くんだけど
あくまで出てくる言葉は尊敬。
普段は仲いいんです^^*
笑って見てるんだよ。


けどだんだん進むにつれて
「努力してればいつかは見てくれてる人がいていいことあるかな…」
だんだん心の声が出てきて

すごく胸がぎゅーってなるんだけど








最終的にはこの映画の主題歌にはるたんが選ばれるの。
その時の嬉しそうな顔。

そして更にサプライズ
はるたんがセンター。


最後に流れる録音風景では
満面の笑みで歌うはるたんの姿。

本当に。良かったね。と自分のことのように嬉しくなるシーン。






最後にさしこちゃんが本当に天才って話。

映画を作る上での制作過程とかが映画の中で出てくるんだけど
このシーンは入れた方がいいのか、
入れない方がいいのか。
それを細かいところまで考えてる。

HKT48的重要な事件
元からファンの人は知っててそれに触れずに進むのかー!
ってなるかもしれないけど
最近ファンになった人この映画で初めて知る人には知らなくてもいいことできっと触れて欲しくない子もいる。

後は芸能界1HKT48のファンと思われる武井壮にインタビューに行ってて
兒玉遥宮脇咲良を倒す方法についてきいてるんだけど、これを入れるかどうかで
コア層はシリアスなシーンを期待してるかもしれないけどライト層はこういったシーンも必要だと思う、

と提案してて

アイドルヲタクの幅の広さを考えて制作してる。

あとは映画を通して興味深かったのが
選抜メンバーを運営人が選ぶシーン
楽曲のイメージに合わせて人気や握手会での貢献度などからメンバーを出していくんだけど
その中で秋元康さんの意見で動くわけではなく秋元先生の意見はスルーされてたり
メンバーの選出の仕方は面白いものがあった。
それにその選び方を初めて見たさっしーがヲタクの目線で運営に質問攻め。
その場で聞いてくれる感じがさしこちゃんが監督で本当に凄いところ。



とにかく本当にアイドルヲタクなら見るべき。



すごくすごく努力しててHKT48をもっともっと応援したいって気持ちでいっぱいになったところでライブを終えたメンバーが知ることになるHKT48紅白歌合戦落選のお知らせ。


自分もメンバーなのか?と錯覚するくらい悔しくなる。

「私とらぶたんを紅白歌合戦に連れて行って。また1年頑張るから!」

そして題名にもなる尾崎支配人
ここで尾崎支配人が泣きながらに語るんだ。

メンバーもビックリの初めて見せる涙…


最後まで
HKT48でいっぱいの映画是非見て欲しい!!


HKT48を知らない人も是非。


そしてアイドルヲタクなら是非!!


HKT48をおうえんしたくなるそんな映画だから。



あと個人的にめちゃめちゃコンサート楽しみになった!!




冒頭ジャニヲタ目線でなんて書いたのに全然目線ではなくて普通にHKT48ベタ褒めしたブログなはなっちゃったけど

絶対ジャニヲタでも楽しめる。



特にHKT48
ジャニーズで例えるならジャニーズJr。


これから光る原石を自分で見つけて輝かせることができるそんなグループだから

きっと私もハマった。


騙されたと思って是非見て欲しい。




ジャニーズと48グループ
絶対に比べてはいけないこと引き合いに出してはいけないこと分かってます。お互いが好きじゃない人がいるのもわかってます。
私は両社ともに大好きで尊敬してるから書きました。


アイドルって本当に凄い。
尊敬しかない。

アイドルがもっともっと大好きになりました。





長くなったけど最後まで見てくださった人本当にありがとうございます。
是非スター押してください(笑)






HKT48のファンの皆さんぬるいヲタクが生意気書いてすいません。優しい気持ちで見てください。